ヤクルト ドラ1・清水、別メニュー調整から復帰 ブルペンで68球「状態は悪くない」

[ 2019年2月8日 14:31 ]

ヤクルト・春季キャンプ ( 2019年2月8日 )

<ヤクルト・浦添キャンプ>ブルペンで投げ込む新人の清水(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 体調不良を訴えて別メニュー調整が続いていたヤクルトのドラフト1位・清水昇投手(国学院大)が8日、ブルペンで68球の投球練習を行った。

 清水は4日の練習を休み、第2クール初日の6日以降も別メニュー調整が続いていた。変化球も交えての久々の投球に「体の状態は悪くないかな。足元を見つめながらやっていきたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース