広島・坂倉、中村祐から本塁打 「内川塾」の成果アピール

[ 2019年2月8日 05:30 ]

広島・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

シート打撃で坂倉は右越えに本塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 宮崎・日南キャンプに参加している広島・坂倉が、内川塾に初参加した成果を披露した。シート打撃で柵越え1本を含む3安打はすべて長打。昨秋から挑む外野守備も無難にこなし「よかった。いい練習ができていると思う」とうなずいた。

 中村祐の高めに抜けたフォークを右越えに運ぶと、左腕・塹江の内角高め直球を右翼線三塁打、藤井皓の外角直球も左越え二塁打した。単打が出れば“サイクル”だったが、最後はアドゥワの内角直球に左飛。「同学年を打てなかったのは悔しい」と苦笑した。

 新春1月、主砲の鈴木に連れられてソフトバンク・内川の自主トレに初参加。10日間に渡って宮崎・日向市で一緒に汗を流し、多くの収穫を得た。本人も手応えを強調する。

 「飛ぶようになったし、打球が強くなったと感じる。しっかりした自分の間合いで、ボールに対して強く振れる確率が上がった」

 本業の捕手だけでなく、この日は左翼でライナーを無難に捕球。センターでもノックを受けており「捕ることはできるけど、状況判断はまだまだ。ただ、秋は中学レベルだったのが高校レベルにはなったかな」と笑った。

 開幕1軍入りへの猛アピール。緒方監督は「非常にいいスイングをしていた。試合に出て経験を数多く積んでもらう」と明言した。(江尾 卓也)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月8日のニュース