中日・藤嶋、右手血行障害でカテーテル手術 血流改善を確認、10日程度入院予定

[ 2019年2月8日 21:54 ]

血行障害の手術を受けた中日の藤嶋
Photo By スポニチ

 中日は8日、藤嶋健人投手(20)が愛知県内の病院で血行障害のカテーテル手術を受けたと発表した。術後は血流の改善が確認され、回復へ向かっているという。

 今後は約10日間、入院の予定。

 プロ3年目の藤嶋は1月下旬に右手血行障害の疑いが認められ、沖縄での春季キャンプ参加を見送っていた。

 藤嶋は昨年6月17日の西武戦(メットライフ)で。負傷した松坂に代わって緊急プロ初先発し6回2失点で初勝利。計3勝を挙げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース