東尾氏、ソフトB甲斐野を絶賛!フォーム修正点なし 将来クローザーになれる逸材

[ 2019年2月8日 10:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

好投に笑顔の甲斐野(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 【東尾修 CHECK!】ソフトバンク・甲斐野はフォームに気になる点、直すところがない。特に、左足を上げた際に両脇を締め、内側に力をためながら左足を踏み出せている。下半身と上半身の連動性、股関節や踏み出した際の左足首の硬さも感じなかった。上体の馬力だけで球速を出す投手ではない。質の高い救援陣が並ぶソフトバンクでも、6、7回の1イニングを任せたいと思わせる投手だ。

 柳田も差し込まれていたように、特に高めの直球には威力があった。ホームベース上で球が死んでいない。空振りやファウルを取れる極上のハイボールだ。これからオープン戦などの実戦に入っていくが、低く投げることを意識し過ぎて、球を置きにいかないこと。変化球を見ていないから分からないが、落ちる球の精度が高ければ、高めの直球がさらに生きる。

 将来的にはサファテ、森の後釜としてクローザーにもなれる素材だ。楽しみな投手がまた一人、出てきた。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月8日のニュース