阪神“正妻バトル”ぼっ発!坂本&長坂2ラン競演 梅野に“待った”

[ 2019年2月8日 08:30 ]

阪神紅白戦   紅組10―7白組 ( 2019年2月7日    宜野座 )

紅白戦の3回2死二塁、梅野は左中間適時二塁打を放つ(捕手・坂本)(撮影・山口 和洋) 
Photo By スポニチ

 遊撃同様に阪神の「正妻バトル」も豪快に幕を開けた。今キャンプ初の紅白戦で坂本、長坂が2ラン競演を果たすなど、出場した4捕手がアピール合戦。昨季、ゴールデングラブ賞を受賞した梅野の独走に早速、待ったをかけた。

 「真っすぐに合わせていて低めを拾えた。ああいう結果になって良かった」

 望月の145キロを左翼芝生席に放り込んだ坂本が、納得の表情を浮かべた。この回の先頭で打席に入ると中前打でチャンスメーク。打者一巡し2死一塁で回って来た第2打席で文句なしの2ランを放った。紅組の先発マスクをかぶった守備では、初回に江越の二盗を阻止。「江越さんのスタートが遅かったので」とジョークを交えながら「1つ1つがアピールになるので」と力を込めた。

 3年目の長坂も負けていない。浜地と対戦した3回先頭の第1打席で、坂本同様、ビッグイニングのきっかけとなる左前打。5回2死一塁では島本の直球を完璧に捉え、左越え2ランとした。

 「結果が出たのは良かった。なるべく素直にバットが出るようにと練習しているんで捉えられたのは良かった」

 白組の「6番・捕手」で先発した梅野も3回に左中間適時二塁打し、ベテラン岡崎は2安打に加え、左前打で出塁した2回には無警戒だった望月のモーションを完全に盗み二盗も決めた。岡崎、長坂は一塁で先発し、5回からマスクを被った。守ってこそのポジションながら、バットでも火花バチバチだった。

 昨年の実績なら断然、梅野という状況で、矢野監督はあえて「正捕手未定」を公言して競争をあおった。この日の4人の姿に「こういうことを言うと怒られますけど、まぐれですかね(笑い)。みんなにチャンスがある。僕はライバル意識をむき出しにしてやってくれと伝えていたけど、本当にそういう感じになっていたと思う」とニンマリ。熱い戦いはまだまだ続く。(山添 晴治)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月8日のニュース