イチロー「翔平、おめでとう」大谷の新人王を祝福 “有言実行”のタイトル獲得に「実は思いのほか難しい」

[ 2018年11月13日 16:42 ]

イチローと握手する大谷
Photo By 共同

 2001年に新人王を受賞したイチロー外野手が13日、大谷の新人王獲得について談話を出した。選手復帰に向けて現在は日本で自主トレを行っている。食事をするなど交流のある大谷に対し「翔平、おめでとう」と祝福した。

 身をもって本場でのタイトルの重みを知るだけに「獲得して当然の立場で実際にそれを達成することは実は思いのほか難しいもの」という。

 日本のトップ選手が渡米しても、プロ野球と同じレベルで活躍する者は少ない。だが、大谷は1年目から投打の「二刀流」で好結果を残した。シーズン中に、全米を騒然とさせる大谷について「翔平は(新人王を)取らなきゃいけない」と熱っぽく語ったこともある。「翔平にとっては獲得したいタイトルというより“獲得しなくてはならないタイトル”というスタンスであったのでは」と推測もする。

 自身は今季、現役のままフロント入りする異例のシーズンを過ごした。「この先、どれくらい同じ時間を共有できるかは僕次第ですが、この歴史的にも希有な存在の選手と渡り合うべく、励んでいきたい」と意欲を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月13日のニュース