元阪神、西武の吉竹春樹氏 母校・九州産の監督就任へ

[ 2018年11月13日 08:42 ]

阪神コーチ時代の吉竹氏
Photo By スポニチ

 阪神、西武で外野手として活躍した吉竹春樹氏(57)が母校の九州産(福岡)の野球部監督に就任することが12日、分かった。今月24日から本格的な指導を開始する予定だ。

 引退後は阪神で外野守備走塁コーチ、2軍監督などを歴任。15年からはBCリーグ・福井で監督、今季は日本経済大学の助監督を務めた。「高校野球の指導は初めてですが、甲子園には26年間もお世話になりました。もう一度、甲子園に帰るように頑張りたいと思います」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月13日のニュース