エンゼルス大谷が新人王獲得!日本選手として17年ぶり4人目の快挙 野茂、佐々木、イチローに続き

[ 2018年11月13日 08:45 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が12(日本時間13日)、ア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。

 大谷は昨オフに日本ハムからポスティングシステムを利用し、エ軍入り。ベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でプレーし、投手で10試合に先発して4勝2敗、防御率3・31。打者では104試合で打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」はメジャー史上初だった。

 新人王は全米野球記者協会会員(BBWAA)の投票で決まる。他の候補者はともにヤンキースで打率・297、27本塁打、92打点の内野手アンドゥハー、同・271、24本塁打、77打点の内野手トーレス。数字で勝るアンドゥハーが最大のライバルとみられたが、二刀流のインパクトが地元の西海岸だけでなく米国全土のメディアにも認められた形となった。

【ア・リーグ 得票数詳細】

大谷(エンゼルス) 1位票25、2位票4、3位票0 計137

アンドゥハー(ヤンキース) 1位票5、2位票20、3位票4 計89

トーレス(ヤンキース) 1位票0、2位票3、3位票16 計25

ウェンドル(レイズ) 1位票0、2位票3、3位票8 計17

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月13日のニュース