JFE西日本 04年V腕・山下監督無念「“まだ優勝するのは早い”と…」

[ 2018年11月13日 05:30 ]

スポニチ後援第44回社会人野球日本選手権最終日・決勝   JFE西日本1―2三菱重工名古屋 ( 2018年11月12日    京セラD )

<JFE西日本・三菱重工名古屋>9回1失点と好投したJFE西日本・河野
Photo By 共同

 JFE西日本の山下敬之監督は「うちは若いチーム。“まだ優勝するのは早い”と、野球の神様に言われているのかな」と振り返った。指揮官は前回優勝した04年に投手として初優勝に貢献。そのときは延長15回の死闘を制したが、今回は延長で敗れた。

 河野は9回を1失点と好投。1回戦と準々決勝で完封し計27回を1失点と抜群の安定感を見せて敢闘賞に選ばれた。来秋のドラフト候補に挙がる鳴門出身の入社2年目左腕は「来年はもっと日本一という思いでやりたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月13日のニュース