ロッテ涌井 夏場は省エネ投法「消耗しない投げ方は必要」

[ 2018年7月16日 05:30 ]

ロッテの涌井
Photo By スポニチ

 後半戦も「開幕投手」を務めるロッテ・涌井が、省エネ投法で5月18日のソフトバンク戦以来となる5勝目を狙う。

 バランス重視で6日の日本ハム戦から全球セットポジションで投球するが、「暑いので消耗しない投げ方は必要」と夏場はセットを貫く考え。16日に投げた後は22日のオリックス戦で中5日になることなどを考慮し、体力を温存する。井口監督も「投手を引っ張っていく投球を見せてほしい」とエースの復調を期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月16日のニュース