【岐阜】県岐阜商・鍛治舎監督、母校率いて初戦コールド突破

[ 2018年7月16日 13:19 ]

第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会2回戦   県岐阜商11―4大垣西(7回コールド) ( 2018年7月16日    大野レインボー )

<県岐阜商・大垣西>ベンチから指示を送る県岐阜商・鍛治舎監督
Photo By スポニチ

 今年3月に母校の県岐阜商監督に就任した鍛治舎巧氏が初戦を飾った。

 2回表、大垣西に3点を先制されたが、直後に酒井田二朗主将(3年)の適時打などで4点を挙げて逆転。打線が13安打11得点と機能し、3回以降も毎回得点でコールド勝ちを収めた。

 鍛治舎監督は「指導者として校歌を聞くのは不思議な感覚ですね。一戦一戦、自分たちの野球をやらないと勝てない」と話し、次戦に目を向けた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月16日のニュース