巨人・坂本が1500試合出場 歴代3位の年少到達 ドラフト制以降は最年少

[ 2018年7月16日 19:53 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年7月16日    甲子園 )

巨人・坂本勇(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(29)が16日の阪神戦(甲子園)でプロ野球史上191人目の通算1500試合出場を達成した。

 29歳7カ月での到達は歴代3位の年少到達。ドラフト制以降の入団選手では、清原和博の30歳0カ月を抜く最年少記録となった。

 坂本勇は06年の高校生ドラフト1位で巨人に入団。初出場は1年目の07年7月12日の阪神戦(東京D)。延長12回に阿部の代走としての出場だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月16日のニュース