PR:

【東兵庫】“阪神の超人DNA”糸井3安打3打点大暴れ 報徳コールド発進

第100回全国高校野球選手権東兵庫大会2回戦   報徳学園9―2伊丹西(7回コールド) ( 2018年7月16日    明石トーカロ )

<報徳学園・伊丹西>1回1死一、三塁、報徳・糸井が左前タイムリーを放つ(撮影・神原 有沙) 
Photo By スポニチ

 夏初戦から“超人のDNA”が全開だ。阪神・糸井嘉男外野手のはとこで「5番右翼」でスタメン出場した糸井辰徳が3安打3打点の大活躍。「打撃は落ち着いてできた」と糸井同様、分厚い胸を張った。

 1―0の初回1死一、三塁、左前打で貴重な追加点をたたき出すと2、4回にも適時打を記録。打撃力だけではない。6回無死一塁の場面では一塁前に確実に犠打も決めた。4強となった昨春選抜では大会直前のメンバー変更でベンチ外となっただけに「僕たちは目の前の相手に全力で行く挑戦者。打って欲しいと思うときに打って、日本一になりたい」と言葉に力を込めた。

 父・章裕さんと糸井の父がいとこ同士で、糸井とは「はとこ」の関係。京都府宮津市の実家は糸井の実家と「歩いて1分くらい」と言う。「嘉男さんは人一倍、努力をされると聞いています。見習いたい」と偉大な“はとこ”が本拠地としてプレーする聖地を全力で目指す。

[ 2018年7月16日 12:24 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム