【西東京】早実と早大学院 ユニホームの見分け方は?答えは襟

[ 2018年7月16日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会西東京大会3回戦   早実11―3早大学院 ( 2018年7月15日    ダイワ八王子 )

<早大学院・早実>7回2死一塁、二盗を決める早実一走・茅野(右)。左は早大学院・新井(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 早実と早大学院が夏の大会で対戦するのは13年以来4度目で、いずれも早実の勝利となった。

 両校とも早大のユニホームを基調としており、早大学院は早大同様襟付き。左袖のエンブレムなどが違うぐらいで見分けがつかない。得点が入ると応援席ではともに「紺碧の空」を合唱。「コンバットマーチ」など同じ応援歌が鳴り響いたが、早実・雪山は「相手の応援歌も自分のモノにして投げた」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月16日のニュース