【ファーム情報】日本ハム森山2発含む4安打4打点、阪神は一発攻勢で逆転勝ち

[ 2018年5月11日 18:12 ]

 プロ野球のファームは11日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に9―5。4番・森山が4回に5号ソロ、9回にリーグ単独トップの6号2ランを放つなど4安打4打点。松本も2安打2打点だった。先発・上原は5回5安打2失点で2勝目(1敗)。ロッテは三家が2号ソロ。2番手・佐々木が2回2/3を5安打3失点で2敗目(1勝)を喫した。

 リーグ首位のDeNAはヤクルト戦(戸田)に4―0で完封勝利。楠本が3安打1打点と活躍。先発・バリオスは5回2安打無失点の好投で1勝目(1敗)を挙げた。ヤクルト打線は散発3安打。先発・古野は5回1/3を7安打2失点で1敗目。

 リーグ首位の阪神は中日戦(鳴尾浜)に6―4で逆転勝ち。1点を追う5回に中谷の1号ソロ、北條の2号3ランなどで6点を奪った。先発・福永は7回5安打3失点で2勝目(1敗)。中日は松井佑が1号ソロなど3安打2打点。先発・大野雄は5回6安打6失点(自責5)で2敗目(2勝)。

 ソフトバンクはオリックス戦(舞洲BS)に4―2。先発・笠谷が7回8安打1失点でハーラー単独トップの4勝目(2敗)を挙げた。グラシアルが3安打2打点。オリックスは9番・岡崎が3安打1打点。先発・金田は5回5安打7奪三振1失点の好投も3敗目。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月11日のニュース