オリ12回敵失でサヨナラ 福良監督「勝てば何でもいい」

[ 2018年5月11日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―1日本ハム ( 2018年5月10日    京セラD )

延長12回、サヨナラ勝利を喜ぶオリックスナイン
Photo By スポニチ

 サヨナラ勝ちは思わぬ形で訪れた。オリックスは1―1の延長12回2死満塁。投球をはじいた捕手・鶴岡が、本塁カバーの浦野に送球したが、打者・小田に当たってそれ、その間に三塁走者の安達が生還した。

 4カード連続の3連戦勝ち越しが決まり、福良監督は「勝てば何でもいいです」と苦笑い。鶴岡がはじいた時点では、安達はスタートしていなかった。「判断ミスです」と反省も、続く相手のミスを見逃さずに頭から滑り込み「思い切っていきました」と汗を拭った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月11日のニュース