平野、延長10回完璧リリーフも…Dバックス敗れる

[ 2018年5月11日 14:54 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス1―2ナショナルズ ( 2018年5月10日    フェニックス )

ナショナルズ戦の10回に登板したダイヤモンドバックスの平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)は10日(日本時間11日)、ナショナルズ戦で1―1の延長10回に4番手として登板。1回を三者凡退に抑えた。勝敗などは付かなかった。

 平野は先頭の8番シエラを二ゴロに打ち取ると、後続を投ゴロ、三ゴロに仕留めて18球で役目を終えた。しかしチームは11回に勝ち越し点を献上し、1―2で敗れて2連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月11日のニュース