日本ハム、鎌スタで「プロレス」企画 6月1、2日イースタン巨人戦

[ 2018年5月11日 13:06 ]

リングサイドの悪魔?謎の悪徳マネージャー・DJチャス。(左)
Photo By 提供写真

 日本ハムは11日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行われる6月1、2日のイースタン・リーグ公式戦、巨人戦で野球とプロレスの異種競技ダブルヘッダー「鎌スタ・プロレスDAY〜水無月“最強伝説”ここに集結」を開催すると発表した。

 毎年人気のあるイベントの一つで、イースタン戦の試合終了後、球場正面広場の特設リングでプロレスも観戦できる企画となっている。

 千葉市中央区に本拠地を置くプロレス団体「KAIENTAIDOJO」と共同して行うもので、当日はTAKAみちのく、タンク永井、リッキー・フジ、滝澤大志、吉野コータロー、吉田綾斗、梶トマト、バンビ、笹村あやめらが参戦予定。本大会でも悪徳マネージャーとしてリング上をひっかき回す役回りとなる謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は、「清宮の話題が尽きない中で本当に申し訳ないが…」と恐縮しつつも、「プロレスの観戦は無料。当日はどんなドラマが飛び出すか分からないのでぜひ楽しみにして欲しい。今回も得意の毒霧?いや、これからの必殺技はどんな悪天候も一瞬にして撃退するカミナリサンダーバスターだ!」と今季は6度の雨天中止に見舞われているだけに、鎌スタ上空を見上げながら力強くイベントを告知していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月11日のニュース