ロッテ、鳥越コーチをヘッド専任に 小坂2軍コーチが昇格

[ 2018年5月11日 05:30 ]

鳥越コーチ(右)と井口監督
Photo By スポニチ

 借金5の5位と低迷するロッテは10日、鳥越裕介ヘッド兼内野守備走塁コーチ(46)がヘッドに専任する人事を発表した。「井口監督から(再編の)話があった。鳥越コーチは、より監督に近い場所でサポートしてほしい」と林信平球団本部長。攻撃時は一塁ベースコーチでベンチと距離のあった鳥越ヘッドを、11日の西武戦から井口監督のそばに置き、作戦面を強化していく。

 内野守備走塁コーチには小坂誠2軍内野守備走塁コーチ(44)が昇格し、一塁ベースコーチも務める。

 ベンチ入りできるコーチの枠の都合から、福浦和也内野手(42)は打撃コーチ兼任を外れ、選手に専念して残り25本に迫っている通算2000安打を目指す。また、2軍では堀幸一打撃兼育成担当(49)が内野守備走塁コーチを務める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月11日のニュース