【青森】青森山田 8年ぶり11度目甲子園切符!光星は連覇ならず

[ 2017年7月27日 15:49 ]

第99回全国高校野球選手権青森大会決勝   青森山田5―3八戸学院光星 ( 2017年7月27日    はるか夢 )

 青森山田が昨年の覇者・八戸学院光星を下し、8年ぶり11度目の優勝を果たした。

 両チームによる決勝は9年ぶり9度目で、青森山田の7勝2敗となった。

 青森山田は1―1の6回、1死三塁で6番・斉藤孔の一塁へのスクイズが決まり勝ち越し。同点とされた7回1死三塁では3番・赤平の左犠飛で再び勝ち越し。3―2の9回1死一、二塁では赤平の左中間2点二塁打で突き放した。この日赤平は2安打4打点。投げては斉藤勇―三上が3安打3失点リレーだった。

 相坂主将は「3年間全員野球をやってきた。決勝ということで最初はみんな硬くなったが、いつも通りやれた。負けた光星さんの分も甲子園では絶対活躍したい」と甲子園での活躍を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース