【高知】檮原 過疎の町から躍進も…甲子園あと1勝届かず

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権高知大会決勝   檮原3―7明徳義塾 ( 2017年7月26日    高知県立春野 )

 檮原(ゆすはら)は初めて進んだ決勝で、善戦むなしく敗れた。

 人口3600人で過疎に悩む愛媛県境の檮原町が、地域活性化を目的にバスの無償貸与や道具の購入など、住民や企業とタッグを組んで支援。スタンドには町民約700人が駆けつけた。全5試合完投の浅井は「後輩たちには“打倒明徳”で甲子園を目指してほしい」と夢を託していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース