【大阪】履正社・安田 4の4 20点大勝けん引「これからが勝負」

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権大阪大会5回戦   履正社20―1久米田 ( 2017年7月26日    万博記念公園 )

 履正社(大阪)が20得点で久米田に5回コールド勝ちして8強入り。主砲・安田は4打数4安打4打点と活躍した。

 「第1ストライクから振ることがテーマだった」。初回に先制の右前2点適時打を放つと、打者一巡の2回は2本の右前打。唯一、打ち損じた4回2死一、三塁からの飛球も、深く守っていた右翼手の前へ落ちる適時二塁打になった。過去4試合では計10四球。勝負を避けられる場面も多かった中、固め打ちで今夏12打数9安打6打点、打率.750へ上げた。「これからが勝負。投手のレベルも上がる。勝負を決める一打を打ちたい」と言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース