【群馬】前橋育英 8回コールドで連覇王手 2番堀口2安打5打点

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権群馬大会準決勝   前橋育英10―3明和県央 ( 2017年7月26日    上毛新聞敷島 )

 前橋育英(群馬)が大会連覇へ王手をかけた。初回に明和県央に1点を先制されたが、3回以降に10点を奪って8回コールド勝ち。

 2安打5打点と活躍した2番・堀口は「公式戦の5打点は初めて」と笑顔を見せた。相手はともに今センバツに出場した高崎健康福祉大高崎。「(相手の機動力封じの)対策はしてきた。それを出せれば」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース