ソフトB快勝 楽天戦の連敗3でストップ 東浜が初の2桁勝利

[ 2017年7月27日 17:12 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―1楽天 ( 2017年7月27日    Koboパーク宮城 )

<楽・ソ>ソフトバンク先発の東浜
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが好機を確実にものにして快勝。対首位楽天戦の連敗を3で止め、ゲーム差を1・5に縮めた。

 打線は4回、連打と足を絡めて1死二、三塁とし、中村晃が中前打を放って2点を先制。6回にデスパイネの適時二塁打で1点を加えると、8、9回にも加点して引き離した。

 先発の東浜は、140キロ台後半の直球に多彩な変化球を織り交ぜ、失点は7回にクルーズの遊ゴロの間に許した1点のみ。7回1/3を投げ、5安打1失点で、プロ入り初の2桁勝利となる10勝目を挙げた。

 楽天は先発の岸が8回途中7安打4失点と踏ん張り切れなかった。打線もつながりを欠き、チームの連勝は4でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース