【高知】明徳義塾 8連敗呼んだ中坪人生初弾「まさか入るとは」

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権高知大会決勝   明徳義塾7―3檮原 ( 2017年7月26日    高知県立春野 )

 打った本人も驚く「人生初アーチ」が、明徳義塾(高知)の8連覇を引き寄せた。1―0の4回、1点を追加し、なおも2死一、二塁で中坪が内角低め直球を捉えた打球は右翼席に届く3ランとなった。

 「外野は越えたと思ったけど、まさか入るとは」。早実に初戦で敗れたセンバツ後にスイングスピード不足を痛感。課題を克服するため重さ1・5キロの木製マスコットバットを納得いくまで振った。馬淵史郎監督は「前半のリードが大きかった」と称え、力をつけた2番打者は「甲子園で1勝したい。早実と当たったら、次は絶対に負けないという気持ちでやる」と力強く誓った。

 ◆明徳義塾(高知)部活動が盛んな私立校。ゴルフの松山英樹らがOB。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース