オリ 後半戦7連敗 福良監督「あと一本が出ない」

[ 2017年7月27日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―6西武 ( 2017年7月26日    メットライフドーム )

<西・オ>ベンチの福良監督
Photo By スポニチ

 オリックスは攻撃型布陣も不発に終わった。初回に小谷野の先制2ランで奪った2点だけ。後半戦唯一白星がなく7連敗となった福良監督は「あと一本が出ない」と頭を抱えた。

 後半戦7試合は平均2・6得点。ロメロを来日初となる中堅で起用し、リスク覚悟でマレーロ、小谷野、中島、T―岡田、吉田正と同時起用したが、ロメロが無安打に終わるなど打線は6安打と機能しなかった。借金も今季最多10に膨らんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース