【滋賀】彦根東2年・増居 1失点完投!甲子園決めた 進学は京大志望

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権滋賀大会決勝   彦根東4―1近江 ( 2017年7月26日    大津市皇子山 )

<彦根東・近江>マウンドに集まる彦根東ナイン
Photo By スポニチ

 4年ぶりの甲子園切符は、2年生の快投抜きに語れない。彦根東(滋賀)は増居が1失点完投。「真っすぐで勝負するのが自分の投球。決勝で持ち味を出せて良かった」と笑った。

 県下有数の進学校。英語が得意で、京大工学部を志望する主戦の努力は並外れる。運動力学の本からヒントを得てフォームを進化。だから1メートル71、59キロの細身でも、球に迫力が加わる。春季近畿大会ではセンバツVの大阪桐蔭をあとアウト3つまで追い詰める健闘。「自分のストレートは全国でも通用する」と自信を得た。

 春3度、夏1度の過去の甲子園で未勝利。サウスポーに、1勝の思いが託される。

 ◆彦根東(滋賀)理数教育や国際教育にも力を入れる県内屈指の進学校。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース