【静岡】藤枝明誠 前日25日には愛知大会で3時間21分中断

[ 2017年7月27日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権静岡大会決勝   藤枝明誠23―10日大三島 ( 2017年7月26日    草薙 )

<藤枝明誠・日大三島>大雨の中、待機する藤枝明誠ナイン
Photo By スポニチ

 雨による長時間中断は前日25日の愛知大会でもあった。東邦―豊田工の準々決勝で4回終了時に3時間21分の中断。1―3で劣勢だった東邦が再開後に逆転し、11―3で7回コールド勝ちした。

 10年の宮城大会決勝では仙台育英が地方大会決勝最多得点(28―1)で気仙沼向洋を下したが、雷や雨で2度、計2時間22分の中断を挟んだ。甲子園大会では13年夏の明徳義塾―新潟明訓で、明徳義塾が4点リードし、あと1死で試合成立という7回裏2死から雷雨で中断。2時間18分後に再開された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月27日のニュース