異例ずくめの早実戦 22時回り鳴り物の応援、閉会式中止 関係者も「記憶にない」

[ 2017年4月27日 22:46 ]

春季高校野球東京都大会決勝   早実18―17日大三 ( 2017年4月27日    神宮 )

<早実・日大三>試合終了は22時を回る
Photo By スポニチ

 27日に神宮球場で行われた春季高校野球東京都大会決勝、早実―日大三は異例ずくめの1戦となった。

 関係者が「記憶にない」という異例の午後6時開始のナイター開催には、主催者発表2万人の観衆が集結。仕事帰りのサラリーマンらで外野席もほぼ埋まった。

 試合も延長12回までもつれる激闘。午後10時を過ぎたため、鳴り物の応援が中止された。試合終了後には閉会式が行われる予定だったが、時間が遅くなったため、異例の中止の措置がとられた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース