青木4打数1安打 2000本安打まであと18

[ 2017年4月27日 10:28 ]

ア・リーグ   アストロズ6―7インディアンス ( 2017年4月26日    クリーブランド )

8回に内野安打を放った青木(AP)
Photo By スポニチ

 アストロズの青木宣親外野手(35)は26日(日本時間27日)のインディアンス戦に「8番・右翼」でスタメンに名を連ね、4打数1安打0打点だった。アストロズは6―7でインディアンスに敗れた。

 青木は8回に三塁内野安打。この安打でメジャー通算698安打とし、日米通算2000安打まであと18本に迫った。

 試合は1回にインディアンスがブラントリーの適時二塁打などで3点を先制。アストロズは4回にギャティスの2ランで1点差に迫ったが、5回に再び2点奪われ、突き放された。その後、6回に両チーム2点ずつ入れ、3点差で迎えた8回、アストロズは2死一二塁から9番ゴンザレスの左二塁打で1点差に迫るも、反撃はここまで。最後はインディアンスのアレンがアストロズ打線を三者凡退に抑え、1点差を守り切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース