ソフトB 川崎 28日のオリックス戦から1軍昇格「良い感じに仕上がっている」

[ 2017年4月27日 15:10 ]

5回裏無死一塁、福田の遊ゴロで併殺を完成させる川崎(走者・阿部
Photo By スポニチ

 6年ぶりに日本球界へ復帰したソフトバンク・川崎宗則内野手(35)が、28日のオリックス戦(京セラドーム)から1軍昇格することが決まった。

 27日のウエスタン・リーグ中日戦(ナゴヤドーム)に1番・三塁で先発出場し、3打数1安打。6回無死一塁では中日・小笠原から中越え適時二塁打を放つなど13試合、打率・441、1本塁打、10打点と結果を出したと背番号52について「合流します」と工藤公康監督(53)は明言した。

 川崎は「(タイムリーは)完璧な当たりでした。良い感じに仕上がっている。5月3、4日(西武戦、ヤフオクドーム)を目途に考えていたが、分からない状況になりました」と前向き。水上2軍監督は「これから。大阪に行きます。(ここまでの働きぶりは)素晴らしい。待ったましたよというところ」と1軍での活躍に期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース