清宮 おかわり超え通算84号!中田まであと3本

[ 2017年4月27日 22:15 ]

春季高校野球東京都大会決勝   早実18―17日大三 ( 2017年4月27日    神宮 )

<早実・日大三>9回無死二、三塁、清宮が中越えに同点3ランホームランを放つ
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の早実・清宮幸太郎内野手(3年)が26日、神宮球場で行われた春季高校野球東京大会決勝の日大三戦で2本塁打を放った。

 8回の第5打席で高校通算83号、3点を追う9回の無死一、三塁で同点となる84号3ラン。これで西武の中村、元ヤクルトの鈴木の83本を抜いた。

 通算80本塁打以上の主な打者は以下の通り。

107本 山本 大貴(12年・神港学園)

 97本 黒瀬 健太(15年・初芝橋本―ソフトバンク)

 94本 伊藤 諒介(10年・神港学園)

 87本 中田  翔(07年・大阪桐蔭―日本ハム)

 86本 大島 裕行(99年・埼玉栄―西武)

 85本 横川  駿(11年・神港学園)

 84本 清宮幸太郎(17年・早実)

 83本 鈴木  健(87年・浦和学院―西武―ヤクルト)

 83本 中村 剛也(01年・大阪桐蔭―西武)

※カッコ内は高校3年時の年、所属、プロ入りした選手は球団名

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース