“顔が怖い”オリ宮崎 V撃「違った点で存在感を出したい」

[ 2017年4月27日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―3西武 ( 2017年4月26日    京セラドーム )

<オ・西>5回1死、先制の2点二塁打を放った宮崎がガッツポーズ
Photo By スポニチ

 1番のオリックス・宮崎が5回に先制の2点二塁打を放った。「金子さんには公私ともども、お世話になっているので打てて良かった」。金子が前回勝った20日の日本ハム戦(東京ドーム)でもプロ入り初の1試合2本塁打をマークしていた。

 打撃好調の7年目の30歳は、エースとともにお立ち台に上がり「もう死ぬ気です。顔が怖いんで、違った点で存在感を出したい」と話し、スタンドの笑いを誘った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース