中日・森監督 8回の3ラン被弾ぼやく「まさか誰も思ってない」

[ 2017年4月27日 05:30 ]

セ・リーグ   中日7―8ヤクルト ( 2017年4月26日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ>11回2死満塁、雄平の適時打で二塁走者の西浦の生還を許しガックリの岩瀬(左)
Photo By スポニチ

 中日は救援陣が踏ん張れず、手痛い逆転負け。3点リードの8回に4番手・祖父江が大引に同点3ランを浴び、6―6の延長11回には6番手・岩瀬が2点を失い、力尽きた。

 森監督は「あそこ(8回)で3点。まさか誰も思ってない。田島にどうつなぐか、それができなかった」とぼやくしかなかった。2回にゲレーロが先制2点適時打。同点の4回にはビシエドが2号ソロを放つなど、打線は得点を重ねたが、1日で最下位に逆戻りとなった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース