大谷 病院で酸素カプセル治療 肉離れの早期回復目指す

[ 2017年4月27日 05:30 ]

寮から外出する日本ハム・大谷
Photo By スポニチ

 2軍で左大腿二頭筋肉離れのリハビリを続ける日本ハム・大谷が、都内の病院で酸素カプセルに入った。

 早期回復を促す酸素カプセルは千葉・鎌ケ谷のファーム施設にもあるが、25日の再検査の際、より高圧のものを薦められたという。この日は寮内でバイクをこぐなどのトレーニングを行った後、病院へ。福田修一ファームチーフトレーナーは「出血は減っている。(高圧カプセルも)やらないよりやった方がいい」と、完治へあらゆる手段を使う方針を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース