又吉 防御率0・88!先発でプロ初勝利「達成感を味わうことができた」

[ 2017年4月27日 21:09 ]

セ・リーグ   中日2―0ヤクルト ( 2017年4月27日    ナゴヤD )

<中・ヤ>ヒーローインタビューを終え大島(左)とドアラ人形を掲げる又吉
Photo By スポニチ

 中日の又吉が7回を投げ5安打、無四球、無失点の好投を見せ、先発としてはうれしいプロ初勝利をマークした。

 今年で4年目、昨季までの3年間は67試合、63試合、62試合と主に中継ぎとして活躍した。今季は4月13日にプロ初先発。通算6試合目、先発では3度目の挑戦で挙げた白星だ。

 「野手の方とキャッチャーの方に感謝することしかできない」と言いながらも「達成感を味わうことができた。それだけです」と充実した笑顔を見せた。

 また、この日の投球で今季6試合目の登板で30回2/3を投げ4失点、トップの自責点はとうとう1点台を切り、0・88とした。無四球での投球に「出来すぎです」と言い「次もまたこういうピッチングができるように1つ1つやっていきたい」と力強く宣言。

 森監督も「リリーフで苦しいところで投げてきた経験が、先発に生きている」と

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月27日のニュース