盛岡大付 4強進出ならず 失策きっかけに大量失点

[ 2017年3月30日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第10日・準々決勝   盛岡大付1―8履正社 ( 2017年3月29日    甲子園 )

<盛岡大付・履正社>履正社に敗れて甲子園を去る盛岡大付ナイン
Photo By スポニチ

 盛岡大付(岩手)は春夏通じて初の4強進出はならなかった。

 0―0の5回2死一塁からの失策をきっかけに大量失点した関口清治監督は「一つのミスで一気に攻め立てられた」と肩を落とした。打線は7回に今秋ドラフト候補の植田が完全試合を阻止する高校通算39号ソロで一矢報いただけ。打ち勝つ野球を目指したが、2安打1得点に終わり、植田は「これを夏につなげられるようにしたい」とさらなる成長を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース