履正社・安田 お目覚め5の3「だいぶすっきりした」

[ 2017年3月30日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第10日・準々決勝   履正社8―1盛岡大付 ( 2017年3月29日    甲子園 )

<盛岡大付・履正社>8回、履正社・安田はこの日3安打目となる中前打を放つ
Photo By スポニチ

 履正社・安田が二塁打2本を含む3安打1打点と持ち前の打撃を発揮した。

 高校通算50号はまたもお預けとなったが、大会屈指のスラッガーは「中堅から逆方向は自分らしい。1打席目から思い切って振っていけた。だいぶすっきりした」と晴れやかだった。

 初回に中越え二塁打を放つと、6回2死二塁では右中間へ適時二塁打。8回の中前打も含めて全て一振り目で仕留めた。2試合終了時点で7打数1安打、打率・143。「甲子園で小さくなるな」。岡田龍生監督から助言を受け「今日は大きく構えて大胆にいった」と自慢の打棒が目覚めた。

 ライバルと公言する早実・清宮が2回戦敗退。「何があってもおかしくない状況。あと2つ。何がなんでも勝って日本一へつなげたい」。清宮が去った甲子園で主役を演じるのは安田だ。

 ▼履正社・竹田(6回まで完全ペースの2安打1失点完投)バランス良く投げることができた。完全試合は意識していません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース