【田淵幸一氏順位予想】巨人大補強で控え盤石 ソフトBは盤石すぎる投手陣

[ 2017年3月30日 08:30 ]

スポニチ本紙評論家9氏がセ、パ両リーグ順位予想=田淵幸一氏

キャッチボールするソフトバンク・千賀滉大投手
Photo By スポニチ

 【田淵幸一氏順位予想】

 ≪セ・リーグ≫

 1位・巨人

 2位・広島

 3位・阪神

 4位・DeNA

 5位・ヤクルト

 6位・中日

 ≪パ・リーグ≫

 1位・ソフトバンク

 2位・日本ハム

 3位・楽天

 4位・ロッテ

 5位・西武

 6位・オリックス

 ソフトバンクの工藤監督にロッテの伊東監督、そこに中日・森、西武・辻と2人の新監督が加わった。みんな広岡達朗さんの生徒たちで、私も選手時代が重なる。西武野球を推進する仲間に注目したいシーズンだ。

 セは大補強した巨人が強い。ポジションがダブる選手もいるが、ケガを考えれば心強い。マギーは4年前に活躍した「楽天のマギー」とは打撃も体形も違って見えるが、村田がカバーできる。阪神は高山や新人の小野が楽しみ。ただ、捕手に巨人や広島と差がある。

 パはソフトバンクが盤石。先発、中継ぎ、抑えと投手陣が安定感抜群。昨季最多勝の和田の周りを、WBCで凄い自信をつけた千賀らが固める。日本ハムは昨季はやや出来過ぎか。楽天は岸、則本の二枚看板は強力で、茂木が成長株。ロッテはオープン戦で見られたつなぐ打線に好感が持てた。西武も辻監督がスピード感のある野球を展開してくれるだろう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース