健大高崎 5年ぶり4強ならず「攻めきれず弱気になった」

[ 2017年3月30日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第10日・準々決勝   高崎健康福祉大高崎2―9秀岳館 ( 2017年3月29日    甲子園 )

<秀岳館・高崎健康福祉大高崎>準々決勝で敗れ、引き揚げる高崎健康福祉大高崎ナイン
Photo By スポニチ

 高崎健康福祉大高崎(群馬)は5年ぶりの4強進出はならなかった。

 2点を追う初回1死三塁で3、4番が連続三振に倒れ、反撃の機会を失った。中盤の6、7回に1点ずつを返すのが精いっぱいで、青柳博文監督は「攻めきれず、弱気になったところがあった」。福井工大福井との2回戦では重盗で同点に追いつき、再試合に持ち込むなど4戦13盗塁と機動力を見せつけた。しかし、指揮官は「打線の強化が必要」と夏への課題を口にした。

 ≪再試合2校敗退≫2回戦で延長15回引き分けと再試合を戦った福岡大大濠と高崎健康福祉大高崎が、ともに準々決勝で敗れた。センバツで引き分け再試合を勝ち抜いた7校のうち1校目の62年作新学院は準々決勝の再試合から優勝を果たしたが、以降の6校は全て次戦で敗退。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース