オリドラ8沢田 1軍切符ゲット ドラ2黒木と救援陣の鍵握る

[ 2017年3月30日 05:30 ]

キャッチボールで調整する沢田
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト8位・沢田(立大)が開幕1軍入りを決めた。福良淳一監督はチーム事情によっては「ジョーカー」としてカードを切る可能性を示唆。ルーキーが逆襲のキーマンになる。

 開幕2日前の京セラドームでの全体練習。報道陣を約30分閉め出して守備に関するサインプレーの最終確認などに励んだ沢田は、プロの第一歩を踏み出す心境を語った。

 「一日一日、今まで通り頑張るだけです。先輩の姿から、見て学ぶことはたくさんある。先輩たちに追いつき、良い選手になれるように」

 オープン戦は5試合で4回1/3無失点。春季キャンプ中の2月18日、広島との練習試合での初実戦から計9試合9回1/3を零封。抜群の安定感で指揮官の信頼を勝ち取った。

 守護神・平野、セットアッパーを任されるドラフト2位・黒木(立正大)へつなぐ「勝利の方程式」は海田、佐藤達、吉田一が有力。福良監督は沢田について「(起用は)幅広くということになる。厳しい場面の起用も可能性はある」と万能ぶりを期待した。

 今季から京セラドーム大阪のベンチ裏通路の壁面に貼り付けられた著名人の格言。中でもモハメド・アリの言葉が沢田を後押しする。「人生で達成感を得たければ、リスクを取る男気が必要だ」―。勝敗を左右する局面を想定し、沢田は「打たれることもあると思うけど、そんな中でも最低限の仕事ができるように。ベストに近づけるように」と誓う。ドラ8ルーキーの戦力期待値は大幅に上がっている。 (湯澤 涼)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年3月30日のニュース