阪神 メッセンジャー快投誓う「それに値する投手であることをチームに示せたら」

[ 2017年3月30日 21:55 ]

キャッチボールを行うメッセンジャー
Photo By スポニチ

 31日の広島戦で自身4度目の開幕投手を務める阪神・メッセンジャーが30日、マツダスタジアムでの全体練習に参加し、快投を誓った。

 「(開幕投手は)自分にとっても光栄だし、それに値する投手であることをチームに示せたら」。オープン戦でも順調に調整を進めてきており、本番へ向けて不安は見当たらない。好投手・ジョンソンとの投げ合いにも「相手投手が誰であろうと関係ない。自分の投球に集中して、試合の終盤までマウンドに残っていたい」と自信を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース