報徳学園 三塁手・池上がまた好救援 全員野球で4強進出

[ 2017年3月30日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第10日・準々決勝   報徳学園8―3福岡大大濠 ( 2017年3月29日    甲子園 )

<報徳学園・福岡大大濠>報徳学園・池上は帽子を飛ばしながら力投する
Photo By スポニチ

 5点リードの7回2死一、二塁、報徳学園(兵庫)の永田裕治監督は前橋育英との2回戦で完封したエース西垣が限界とみるや、三塁を守っていた池上にスイッチ。2回1/3を無失点に封じ、投手力の差を見せつけた。

 昨秋公式戦で6試合救援登板。甲子園1回戦でも池上は9回1死から打者2人を抑えていただけに慌てなかった。打線も3試合連続で初回に先制点を奪うなど12安打で8得点。今大会を最後に勇退する指揮官も「出来過ぎ」と話す。準決勝は優勝候補の履正社。最後まで「全員野球」で無欲の挑戦を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース