広島ジョンソン 開幕相手・阪神質問はNG「攻撃的に投げたい」

[ 2017年3月30日 05:30 ]

広島のジョンソン
Photo By スポニチ

 2年連続で開幕投手を務める広島・ジョンソンは、3・31阪神戦(マツダ)に向けて静かに闘志を燃やした。29日は本拠地でのナイター練習に参加。終了後の会見で「準備はできた。満を持して2日後を迎えたい。持てる力をすべて出し切りたい」と力強く語った。

 対阪神は一昨年が5試合で3勝0敗、防御率1・08。昨年も5試合で3勝1敗、防御率1・91とめっぽう強い。会見では開幕の相手に関する質問はNG。それだけトラ狩りに集中している証し。ただ、投球プランには言及してみせた。自信の表れと言っていい。

 「攻撃的に投げたいと思う。積極的にストライクを投じ、持ち味である打たせて取る投球。先発として長いイニングを投げ、先陣を切ってチームに勢いをつけたい」

 昨季の開幕3・25DeNA戦(同)は、8回を3安打2失点の好投。打線の援護なく敗戦投手となったが、役割は果たした。助っ人が2年連続開幕投手を務めるのは球団初。昨季の沢村賞左腕は重みを受け止め「非常に光栄。責任は大きい。連覇に向け、ベストを尽くしたい」と力を込めた。 (江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月30日のニュース