レアード、来年3月WBCでメキシコ代表に 監督明かす

[ 2016年12月8日 05:56 ]

日本ハムのレアード
Photo By スポニチ

 今季39本塁打を放って初の本塁打王を獲得した日本ハムのレアードが、来年3月のWBCにメキシコ代表として出場すると、ESPNスペイン語版が報じた。元巨人のエドガー・ゴンザレス監督が同局の取材に対して明かした。

 レアードは米国出身だが、母親がメキシコ人。同国出身の巨人・クルーズも名を連ねた。既に出場が決定している指揮官の弟のエイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)、今季36セーブのオズナ(ブルージェイズ)ら大リーグ勢とともに同国史上初の決勝トーナメント進出を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年12月8日のニュース