ライアン 肉体改造で迎え撃つ!「上半身も重量にこだわる」

[ 2016年12月8日 05:30 ]

ヤクルトの小川
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が大型補強が進む巨人への警戒心を口にした。「たくさん補強して来年に懸けているなという感じ。陽岱鋼さんが入ったら打線に厚みが増す」。今季は8勝9敗と不本意な成績。その中で巨人戦は2勝1敗、防御率2・60と奮闘した。富山で行われた8月31日の一戦では完封勝利を収めてみせた。

 陽岱鋼は今季ヤクルト戦で打率・500。ライバル球団に加入すれば脅威だが、それを封じるのが役目だ。「(巨人の)印象も変わるだろうけど、自分のやることは変わらない」。今季は腰痛で戦線離脱するなど、先発ローテーションを一年間守れなかった。新たに通う都内のジムでトレーニングに励み「下半身も大事だけど、今回は上半身も重量にこだわってやっている。ケガをしない体づくりです」と話した。肉体改造で、目指すはエース復権だ。(平尾 類)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年12月8日のニュース