近藤が内野再挑戦に意欲 名手・飯山から極意学んだ

[ 2016年12月8日 05:30 ]

飯山(右)とともにノックを受ける近藤
Photo By スポニチ

 日本ハムの近藤が札幌市内の室内練習場で自主トレを行い、内野手再挑戦に意欲を見せた。守備の名手・飯山とともにノックを受け、「どこでもできる準備をしている」と意欲十分だ。

 捕手登録だが、14年には三塁手で67試合に出場。だが、捕手再挑戦した15年以降、内野手でのスタメン出場はない。飯山から何度もアドバイスを受け「(飯山は)“間”とか、スローイングまでの体勢が安定している。勉強になる」。15年にリーグ3位の打率.326をマークした打棒を生かし、飛躍を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年12月8日のニュース