中日 田島 4000万円アップ 浅尾は減額制限いっぱいでサイン

[ 2016年11月8日 15:35 ]

契約更改に臨んだ中日の浅尾

 19年ぶりの最下位に終わった中日の契約更改交渉が8日、ナゴヤ球場に隣接する昇竜館でスタートした。

 トップバッターで今季途中から守護神として活躍した田島が今季年俸4200万円から4000万円増の8200万円で一発サインした。開幕から31試合連続無失点記録を樹立するなど59試合に登板し、3勝4敗、防御率2・44、17セーブだったが、「最下位では記録も素直に喜べなかった。上の順位で戦いたい」と決意を新たにした。

 右肩痛の影響もあり、プロ10年目で初めて1軍登板なく終わった浅尾も契約を更改。9800万円から減額制限いっぱいの7350万円でサインし、「自分がやれなかったので仕方がない。精神的にもきつかった一年。悔しい気持ちを忘れず、なんとか来年、やり返したい」と雪辱を期した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月8日のニュース