大谷、10日ぶり実戦打席で一ゴロ 一塁まで全力疾走

[ 2016年11月8日 07:56 ]

侍ジャパン練習

シート打撃で石川(左)を相手に二ゴロを放つ大谷。後方は小久保監督

 強化試合で代打とDHで起用される予定の大谷が、ケース打撃で石川と対戦し、4球目の直球を打ち損じて一ゴロに倒れた。

 実戦形式での打席は日本シリーズ第5戦以来10日ぶり。一塁まで全力疾走で駆け抜け、一塁手・中田からは冗談交じりに両手を広げ「セーフ」と判定されたが、「1打席なので特に(感想)はない。実戦1試合目から打てるようにしっかり頑張りたい」と力を込めた。シリーズ中に右足首をひねり、テーピングを施す中での全力プレーに「100%ではないけど、動ける範囲。問題ない」と強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月8日のニュース