先発・笠原降板後4人零封リレー 本田先発から中2日で熱投

[ 2016年11月8日 05:30 ]

第1回U―23W杯決勝 ( 2016年11月6日    メキシコ・モンテレイ )

 先発・笠原(ソフトバンク)が3回3失点で降板した後、4投手が追加点を与えなかった。

 3番手・本田(西武)は3日の韓国戦での127球の熱投から中2日だったが、2イニングを打者6人で完璧に抑え5奪三振。サッカー日本代表の本田圭佑と同姓同名の右腕は「自信のなかったカーブが使えるようになったし、メンタルも強くなった」と収穫を強調した。9回は歳内(阪神)が先頭を四球で歩かせた後、3者連続三振で締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月8日のニュース